News

Photography Kazuharu Igarashi (Lodge ALASKA/IPS)

Pardon Kimura and INARI presents

REIZOKO SPEAKER Installation & LIVE

 

会期:623日(金)〜 628日(水)

会場:トーキョー カルチャート by ビームス

150-0001 東京都渋谷区神宮前3-24-7 3


Opening Party and LIVE  623日(金)18:00~20:00

  

   大量の冷蔵庫が未知のサウンドを奏でる!? —

 

パードン木村のトレードマークでもある、アルミのスーツケースに内蔵されたオリジナルシンセサイザーからの音源を、彼が制作する大量の冷蔵庫スピーカーに接続しライブ演奏を開催、今まで体験した事のない未知のサウンドをお届けします。

   

パードン木村/ Synthesizer, ElectronicsProducerEngineer

1964年 東京生まれ

1999年 ヤン富田 TSUNAMI SOUND CONSTRUCTION より『Locals』でデビュー

2001年 2作目『OCEAN SURFER  COOL DAD BUILDING SHOPSURFBOARDS

2002年 リトル・テンポ  の土生<ティコ>剛と『Ticpa Stylee

      DJ QUIETSTORMとの共作『PARDON TROUBLE

2004年 3作目『SILLY WAKE

2005年 KILLER BONGとの共作『KILLER PARDONG

2012 G.E.P. Good Enough Pocket

http://www.pardonkimura.com

  

INARI/アイナリ

2015年より佐野雅彦が宇宙の循環と環境をテーマに古い家、お寺、お風呂屋さん等の銘木や廃材等を利用してスケートボードをつくる活動を開始する。同時に炭を使った空間環境改善や、廃材で作る家具や店舗つくりに力を入れ、その他にも古い着物の帯で作るサコッシュや冷蔵庫スピーカーの制作等、アップサイクルな企画など様々な方面へ活動の場を広げている。現在、新宿「BEAMS JAPAN4階にて、廃材を利用したスケートボート作品を展示販売中。

777inari.com   Instagram/ inari888

  

REIZOKO SPEAKER

 スピーカーに使用されている冷蔵庫は、アントビー株式会社が取り扱う環境に配慮した“Peltismをベースに、2016INARI2017年にはパードン木村と共にアップサイクルする研究所を開設、冷蔵庫スピーカーの制作が始まる。その他、冷蔵庫を鉢としたコンポスト作り、オーガニック野菜を育てるプロジェクト等、使用済みの冷蔵庫を使用したアップサイクルな活動がスタートしている。

Instagram / Peltism

  

Big-O Project

Art work / VADA : Naomi Kazamaカザマナオミ

1993年アメリカはサンディエゴに渡米、ストリートアートの先駆者OBEY(シェパード・フェアリー)との出会いからシルクスクリーンプリントを学ぶ。作家として、国内外のグループ展への参加や個展を中心に活動中。2012年からはライブスクリーンプリントを通じて、オーガニックコットンやアップサイクルの環境メッセージを伝えるプロジェクト「BIG-O project」を展開、日本を始め海外でも多く活動している。

http://www.experimentalwaltz.net

      
Photography Satomi Ito 
 
 
詳細は